考古学者について~三木玲治・史学家~



<   2013年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


遺跡と遺構の違いを三木玲治が語る

遺跡と遺構の違いを三木玲治が語る

遺跡とは、過去の人々の生活の痕跡がまとまって面的に残存しているもの、および工作物、建築物、土木構造物の単体の痕跡、施設の痕跡。
もしくはそれらが集まって一体になっているものを指している。
内容からみれば、お互いに関連しあう遺構の集合、遺構とそれにともなう遺物が一体となって過去の痕跡として残存しているものを指す。
以前は遺蹟と表記した。考古学の主要な研究対象として知られる遺跡については、とくに考古遺跡と呼ぶ場合がある。
遺跡のうち、住居跡・墳墓・貝塚・城跡など、土地と一体化されていて動かすことができない物を遺構と呼びます。
石器・土器・装飾品・獣骨・人骨など、動かす事のできる物を遺物と呼ぶ。つまり、遺跡のうちの不動産的要素が遺構、動産的要素が遺物である。
日本考古学が遺跡と遺構を呼び分けはじめたのは30数年前以来である。
日本において考古遺跡は、文化財保護法の規定にしたがい、面的にとらえて「埋蔵文化財包蔵地」と称されることがある。
遺跡は、石器や土器のような遺物が散布している場合に考古遺跡の存在を推測する材料にはなるが、遺物単体が出土しただけでは、通常、考古学的にみて有意な遺跡にはなりえない。
そのため、遺跡の本体を構成する要素は遺構であり、遺構および遺構のあつまりを称して遺跡と呼ぶ場合も多い。
地表面から遺物の散布がみられるものの、その性格が未だ明確でない遺跡を遺物散布地と呼ぶ場合がある。
遺構がともなわない場合、実際には遺跡を構成する重要な意味を持つ場所かもしれないが、その反面、土が移動され客土にともなって遺物が散布している場合もあるので注意を要する。
この場合、出土状況や土層観察によって、堆積土か、それとも客土であるかをみきわめる必要がある。
お互いに関連しあう近現代の工作物、建築物、土木構造物が集まって一体になっているものも遺跡と呼んでいる。
この場合は、歴史家や建築史家の研究対象となることが多く、考古学者の役割はきわめて限定的なものとなることが普通である。
しかし、必要に応じて、「埋蔵文化財包蔵地」の文化庁次長通知の定義にあるように、「近現代の遺跡」として「地域において特に重要なものを対象と」して痕跡として残されている近現代の工作物、建築物、土木構造物等を調査する場合もある。
例えば、第二次世界大戦の痕跡として残された軍事施設や被災施設なども周辺の環境を含めて「戦争遺跡」と呼ぶことがある。
この戦争遺跡のうち、地下に埋蔵されていて地表面からでは性格がわからない場合は、必要に応じて発掘調査を行って確認する場合がある。

ライス定食と三木玲治 超会議と三木玲治 ブランチ三木玲治 さとうたけし三木玲治 山形駅と三木玲治 水沢アリー三木玲治 スーパーヒーロー大戦zと三木玲治 正直さんぽ三木玲治 10式戦車と三木玲治 オフパコ三木玲治 ビックカメラ三木玲治 青田典子と三木玲治 中国崩壊と三木玲治 ataru三木玲治 ドリランド三木玲治 歌ネタ王と三木玲治 京葉線と三木玲治 森山直太朗と三木玲治 nttドコモ三木玲治 コーギー三木玲治
[PR]
by mikileiji | 2013-04-27 13:42 | 三木玲治

地球環境に三木玲治が立ち向かう

地球環境に三木玲治が立ち向かう

三木玲治の環境問題について考えよう。 三木玲治と、環境問題について考えましょう。
環境問題はどんどん深刻化してきていますよね。
皆さんは環境問題に関心は ありますか? 環境保護のための活動は、一部の人だけが 取り組んでも効果は非常に出にくいのが現状です。
環境問題に関する情報は巷に満ち溢れています。
しかし驚くべきことに、行政やマスコミから伝えられている情報の多くには、環境問題の本質の科学的な検証は殆ど含まれていません。
環境問題に有効な対応をするためには、まず地球環境に対する科学的で正確な認識が必要です。
例えば地球温暖化についてですと地球の表面は窒素や酸素などの大気で覆われ、その中には「温室効果ガス」とされる気体も含まれています。
地球は太陽から届いた熱によって暖められ、夜になると蓄えられた熱が宇宙に放出されて気温が下がります。
この際、地球の気温が下がり過ぎないように熱を程よく吸収して地表に止めているのがこの温室効果ガスです。
これによって、地球の平均気温は15度前後に保たれています。
逆に、大気中の温室効果ガスがまったくなければ地球の平均気温はマイナス18度にまで下がり、生き物が地球上で暮らしていくことは出来ません。
そのため、温室効果ガスは地球にとってとても大切な気体なのです。
ところが・・・近年、温室効果ガスは必要以上に増加しています。増加した温室効果ガスがより多くの熱を吸収、地球に放出するようになり気温が上がってしまったのです。
地球がセーターを着て厚着している状態・・・といえば、わかりやすいでしょう。
こうして、地球の気温が少しずつ上昇していくことを、「地球温暖化」といいます。
ちなみに、過去100年間で地球の平均気温は0.6度上昇しました。この0.6度という数字、あなたはどう捉えますか?

三木玲治と山手線 三木玲治テラスハウス 三木玲治と地震 三木玲治の福留 三木玲治がコナン 三木玲治と二階堂ふみ 三木玲治と灰原 三木玲治がサヨナラ満塁ホームラン 三木玲治と少年探偵団 三木玲治な風間俊介 三木玲治と真田 三木玲治お天気お姉さん 三木玲治と夏帆 三木玲治な工藤 三木玲治と哀 三木玲治と深瀬 三木玲治とホッピー 三木玲治と服部 三木玲治とレールガン 三木玲治みんなエスパーだよ 三木玲治とタモリ倶楽部
[PR]
by mikileiji | 2013-04-20 02:33 | 三木玲治


考古学者について~三木玲治・史学家~のブログ
三木玲治
カテゴリ
以前の記事
タグ
人気ジャンル
最新の記事
画像一覧